×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

愛知県 犬山城へぶらり立ち寄りの旅 20101211-1212

12/11の夜は恵那峡国際ホテルに泊まった。この季節、恵那峡目当てに来る客も少なくほとんどが湯快リゾートプランが目的だと思われる。本格的な温泉と食べ放題の食事は合格点だ。ただズワイガニの食べ放題もついていたが、やはりカニは高いものをじっくり味わうことに意味があるのだと気づかされたのだった。

さて、12/12は空も晴れ上がりいい天気。ただ帰るだけはもったいないので、少し近場の観光をして帰ることにした。第一目的地は愛知県 
犬山市の犬山城へ向かった。 犬山の紹介は別途したいと思う。

犬山の後には同じ岐阜県の「かがみはら航空宇宙科学博物館を訪れた。
犬山城は4つしかない国宝の城のひとつで天守閣まで登ることもできる。城の前には冬咲きの桜が小さな花をつけており、天気もいいことから季節を錯覚してしまう。
天守閣からは木曽川を遠くまでのぞむことができる。


城へ続く道沿いには見事な紅葉が。

犬山城からすぐのところに、昔の昔の町並みを復元した城下町が続く。私の大好きな古い町並みだ。これといった見所はなかったが、約1時かけてゆっくりと散策した。犬山でのお土産はげんこつ飴。

国宝犬山城の日本最古の木造天守閣からの眺め。木曽川の雄大な流れを堪能できる。手すりが低いので、今にも落ちそうで、スリルもある。

ひっきりなしに通る車がちょっと気になるが、それでも歩いて回ることで、ちょっと気になる店を覗いて、掘り出し物があったりして、楽しい時間だ。