×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

橋の町大阪 アクアライナー周遊 20091123

10月の3連休3日目、予想外に晴天となった。どこかへ行きたいが、そう遠くへは行くにはもう昼が近い。
どうしようかなぁ・・・と考え込んでいる私の横ではすでにお出かけ気分の風雅が上着を羽織り、そわそわとしている。

結局、私の小旅行候補としてストックしていた一つ「大阪 ライナークルーズ」にチャレンジすることにした。風雅と二人だけの大阪ぶらり旅。近くていつでも来れると思っていたら結局なかなか機会がなかった大阪の町。いざ出発だ。
大阪アクアライナーは大阪市を流れる大川を中心に、その川岸にある四季折々の風情ある景色を川面から堪能することができる。4箇所の乗船口から1時間ごとに出航している。予約もできるが、今回は行き当たりばったりだ。どこから乗るかも考えていない。観光も兼ねてまずは大阪「中之島」に向かうことにした。地下鉄に乗り継げばすぐ近くまで行くことができるが、今回はJR大阪駅で降り、中之島まで親子二人仲良く歩いていくことにした。
大阪駅で降り、グランヴィアホテルを横に見て中之島方面へ歩いていった。しばらくは大阪の街中らしく、高いビル群が目に入る。約20分ほど歩くとようやく中ノ島に渡る渡辺橋が目に入った

大阪のランドマーク 
丸ビル 健在です

中之島の河川沿いには遊歩道が整備され、天気のよい日はぶらり散策するのも気持ちよさそう。紅葉も色付き、ベンチでは読書の秋を堪能している人もちらほら

中之島は大阪市のど真ん中に位置し、そこにつながる橋も大きなものが多い。一方通行で8車線もある。

ちょっとおしゃれな川辺

中之島を代表する観光スポット「
中央公会堂」 国の重要文化財にも指定されています。

ふと河を見るといくつもの遊覧船が平べったい船体で橋の下すれすれに航行している。

大人一人\1700 約一時間の中之島めぐりアクアライナーの出発だ。我々は予約していなかったので、結局1時間待つこととなった。
今回は4つある乗船口のうち丁度真ん中に位置する「八軒家浜船着場」から乗ることにした。地下鉄「天満橋」駅に直結しており、交通も便利である。
船の中はすでに半分ほど埋まっていたが、途中の大阪城港でみんな降りてしまって、後半はガラガラの船内で二人して窓にはり付いて外の景色を楽しんだ

橋の下をくぐるため、天上は異常に低くなっている。しかし、満潮時には更に三十センチも天井を下げることができる。

天上も透明になっているので、橋の下の様子もよく見えます。
この季節は船内からの紅葉がビューポイントとなるが春先には、造幣局に沿って咲き誇る見事な桜並木を船上から眺めることができる。もちろんその頃は予約なしでは乗れないほど混雑する。
今回のような単なるクルーズ船の他にも船内で音楽や食事を楽しむことのできるクルーズも用意されているので、大阪観光される方は一度チャレンジしてみてはいかがだろうか。
大阪といえばごみごみしてなんとくカオスの渦巻くイメージがあるが、今回のコースはとてもきれいに整備されて、大阪のきれいな一面を見ることができた。今年は、12月中旬から中之島はライトアップされ、水の都から光の都に大変身するという。知事が変わり、大阪の観光路線が少し変わってきたような気がする。
HOME