×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

信州 絶景を愛でる旅 3 上高地 20100718

さあ今回のテーマ「絶景を愛でる」の最後のポイント「上高地」へ向かった。すでに午前中に乗鞍を堪能し、体も疲れているが、明日もまだ休みということとせっかくここまで来たのだからという気持ちでGO!
すでに昼を回っているので駐車場も満車かと思っていたら、沢渡駐車場から丁度一台の車が出るところが目に入った。なんとラッキーなことか。すぐに駐車し、またまたバスに乗り換えて、上高地へ向かった。
上高地は約10年ぶりの2度目だ。前回同様、少し手前の「大正池」停留所でバスを降り、終点の河童橋まで約1時間の遊歩道散策だ。

大正池
バス停から河童橋へ向けて遊歩道を歩く。大正池には、立ち枯れた木が何本も生えている光景を目にすることができる。なんとも不思議な光景だ。

途中、森林浴を楽しんだり、河川敷を歩いたり、湿地の上を歩いたり・・・

梓川
穂高連峰の絶景

穂高連峰と遠くに見える河童橋

終点の河童橋付近は連休を楽しむ観光客で大混雑。帰りのバスは約1時間待たされた。

河童橋の下で水遊び。冷たいっ。
さて、絶景ツアーも予定通り、「駒ケ岳」「乗鞍岳」「上高地」3箇所を制覇し、それぞれ絶景を堪能することができた。風雅も「パパ連れてきてくれてありがとう」となんともうれしいコメントを言ってくれるではないか。本当に日本にもまだまだすばらしい場所はあり、行っていない所もたくさんある。それらを制覇することが私の夢だ。
妻は相変わらず、次は風雅と二人で行ってね、と言っている。風雅も5才になったので、そろそろ親子二人旅もいいかなぁと思う。


上高地を後にし、今晩の晩飯ポイント「高山市」へ向かった。ここも2年ぶりだ。

高山の古い町並みは何度来てもいい雰囲気。夕刻、気温も下がってきて町並み散策も気持ちいい。

飛騨高山名物、
高山ラーメン。しょうゆ味の細めんがウリだが、正直たいしたことないと言うのが私と妻の共通の意見でした。
高山ラーメンの夕食後も少し高山市内を散策し、その後近場の温泉を探したが、すでにどこもしまっていることがわかり、仕方なくそのまま大津まで帰ることにした。
高山ICから高速に乗り、カーラジオの渋滞情報を参考に、ひるがの高原SAでしばしの休憩をとった。深夜2時に再び出発し、早朝の4時過ぎに無事大津の自宅に到着した。丸々二日間の旅であったが、ずっと行きたかった駒ケ岳と乗鞍岳を制覇することができ、個人的には大満足の旅となった。
HOME