×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

真夏のお花畑 滋賀県箱館山ゆり園 20100808

滋賀県北部にはスキー場がいくつかあり、夏のシーズンは避暑地として開放している。そのうちのひとつ高島市今津町にある箱館山スキー場ではある試みが行われている。それが今回訪れたゆり園である。夏のこのシーズンに満開を迎える色とりどりのゆりをなだらかな傾斜に沿って植え、きれいなお花畑が出来上がっている。山頂まで一気にに連れて行ってくれるゴンドラに乗れば、そこはもう琵琶湖を見下ろすお花畑だ。労老若男女を問わず多くの観光客がやってきており、閑散期のスキー場への集客作戦は大成功だ。
新聞広告に挟んであった割引券を手に期待に胸を膨らませていざ出発。

広告に載っていたゆり園の様子。ねっわくわくするでしょ。
朝10時ごろに家を出て、バイパスを乗り継いで11時過ぎに無事箱館山スキー場へ到着。通常1800円する入園券が割引券で1000円に。ちょっとお得な気分だが、みんな割引券を持っているようで実質1000円なのだろう。
 冬はスキー場と言うことで、ロッジや食堂などもあり、普段着で来ても大丈夫だ。

ゴンドラを降りると一周30分ほどの遊歩道があり、エリアごとに色や種類、咲くシーズンなどに分かれたゆり園が広がる
んっ? 広告とはちとちがうぞ・・・。

今年で2年目ということで、まだ少し迫力に欠ける感は否めない。遅咲きのゆりが満開で、一面ゆりの香りが漂う。あまりにも暑いので、ゆりソフトを食べながらの散策だ。

同様なゆり園は国内にも数ヶ所あるようだが、ここのウリはなんといってもゆりの向こうに広がる琵琶湖の絶景だ。
きれいなのは認めるが、広告はサギだ・・・。まぁ1000円なら許せるかな

見る角度によって見え方が違うので、自分のベストポジションを探すのも面白い。

一回りした後は少し休憩。子供の遊具もあり、風雅も放し飼いだ。
昼過ぎには再びゴンドラに乗り、下まで降りてきた。近くのラーメン屋で夏のカレーラーメンを食し、帰途へついた。そのまま帰っても良かったが、まだ時間は十分にあるので、今津の琵琶湖岸にある「野鳥観察センター」に寄ってみた。入館料\200を払うと時間に関係なく、中に設置している望遠鏡を使って、湖上で楽しむ野鳥をじっくりと観察できるのだ。初めて来たが、ゆっくり鳥を眺めるのも気が休まって楽しいひと時だった。

となりに併設している喫茶店でお茶をしながら、ゆっくりと眺めるもよし。
HOME